広告批評休刊

「マスメディア広告万能の時代は終わった」・休刊する「広告批評」の天野祐吉氏http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITzx000016052008&cp=1

そうかぁ、休刊なんだ。
でも、広告批評はクリエイティブの質について語る感が強かったから、「広告ではモノは売れん」と言われる時代になってから、確かに時代とずれていた気がしてた。休刊は必然のような気もする。
それに、「ウェブの表現性は問題外」という発言も、うーん、天野さんはもうリタイアしたがっているのだなーと感じる。あんなに、広告の最先端に食らいついていた人が、クリエイティブなウェブなんてみたことないよ、というのは、そこの情報をシャットダウンしているとしか思えないんだよね。

というわけで、ひとつの時代を見送って。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です