さよならMac

本日、長年お世話になったMacを回収に出す。

そもそも。
私がパソコンに触れるきっかけになったマシンはMacintoshのLC630。
LCとは驚くなかれ、LowCostの略。
当時としては破格の安値で登場したのだが、CPU8MHz、HDDが350MB、RAM8MB。
今見ると、オイ、ケタとか単位とか違うだろって感じなのだけど、それを数年間使いこみ、やっと買ったのがPowerMac8500。
中古とはいえ、LC630からの乗り換えだから、そりゃあもう、夢のような速さ。
CPU120MHz、RAM16MB、決してすばらしいスペックではないのだけど。(ちなみにその当時、新品ならG3の時代)

自分でPhotoshopやIllustratorを買い、3Dソフトもそろえてがりがりと、日々徹夜して夢中になって酷使したこと数年。3DCGつくって、レンダリングに1週間とかかかったりもしたっけなあ。
2D、3DのCGもホームページもみんなことのときに身体に叩き込んだ感じ。

それらが仕事になってしまい、家ではやらなくなって。Windowsのマシンのほうが便利だって電源入れなくなって数年。
買い替えは考えたけど、今やどう考えてもMacよりWindowsの方が便利なことは否定しがたく、やっと思い切りがついて処分することに。
手続きに時間がかかっていたのだけど、手続きが終了して郵便局に回収申込する段になると異常に速くて、電話したら1時間で取りにきて、あっというまに、リサイクルセンターに送り出されていった…

さよなら、Mac。
忘れないよ、キミのこと。
キミは私の青春だった。キミなくして今の私はない。ホント、あの時の「熱中」が今の私の給料になっている…。

あ、でも、リサイクル代7350円、あまりにも高くない?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です