父と娘のサポセン的問答 その3

それからメールを待っていたところ、突然に新着メッセージが96通届きました。
開けて見たところ、本文は意味不明。
とはいえ、こういう現象、見たことないわけじゃないです。昔は添付ファイルの形式がメーラー側で認識できず、本文化してしまうことがよくありました。
しかも96通とは、懐かしのナローバンド通信向け機能の仕業です。
添付ファイルを細かく分割して複数のメールに分けて添付し、受け取り側で再構築するのです。
ナローバンドは普通の電話回線ですから、とろいのはもちろんのこと、大きなファイルを不用意に転送すると、長時間の通話料金がふりかかってきますし、それで電話回線を占有してしまい、何時間も電話かけられなくなります。受け取り側もそうなんで、outlookも、一定の大きさ以上のメールは受け取らないっていう設定がデフォルトでした。(当時は携帯電話も普及してなかったので、家族のいる場合は電話回線がふさがることが、シビアな問題だったのですよw)
確かその設定、outlook2002からなくなっていたと思っていたんですが、父はoutlook expressを使っていたためまだその機能がついていて、しかも分割が設定されていたようです。
ちなみに、この分割はそれらのoutlookがなければ統合できません。当時は送信側も受信側もoutlookっていうメジャーソフトだったからこそ、こういう機能がつかえたんですねえ。
私の方はいまやgmailオンリーでローカルのメーラーなんて、懐かしさを禁じ得ません。いやー、もう、ローカルのメーラーなんて使い方忘れました。
で、昔話で寄り道しましたが、この設定を解除させなければなりません。
-----------------------
本日13時すぎのタイムスタンプで、お父さんから意味不明の本文のメールが大量送信されて来ました。96通ありました。
たぶん、画像データが分割されて送られたと思います。
古いoutlookがないと読み取れないです。
下記のページを参考にoutlookの設定を確認して、設定してください。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/doc/mail_kagu/oe-check_partial.html
それから再送信すれば大丈夫だと思います。
-----------------------
父からの返信で送られてきた画像。
-----------------------
win2.jpg
-----------------------
ああ、よかった。
sp3にはなっているようです。
ではあと一歩です。
自動更新の設定を有効にしてもらいましょう。
-----------------------
windows xpはsp3というバージョンになっていたので、自動更新の設定をすれば、ルート証明書が更新されると思います。
http://support.microsoft.com/kb/306525/ja
上のサイトで、fix itで解決するというのがあってここの手順で自動更新を有効にしてください。
自動更新が有効になると、多分、windowsがごにょごにょ更新を始めるので、それが終わったら、uvのアップデートができるようになると思います。
-----------------------
一件落着。
だと思ったんですけどね。
こんな深みにはまるとは思いませんでした。
続きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です