父と娘のサポセン的問答 その4

次のメールは「できたよ、ありがとう」だと思っていたんですが、そうは問屋がおろしませんでした。
-----------------------
25日のメール、実行しましたがやはり何も起りません。自動更新のページ添付します。
なおこのPCではインターネットにつなげるにはUVの許可が必要です。自動更新とこの許可の関係はどうなるのですか。許可が不要ならされていることになると思いますが?

UV3.jpg
-----------------------
父はもう何も言わなくても画面キャプチャを添付してくるようになりましたw
で、その内容。
うーん、なんか、後半部分がよくわかりませんが、設定時間が夜中ですねえ。
父の性格から言って使い終わったPCの電源切らないということはないと思いますので、これでは自動更新が走らないと思います。
時間を変えてもらいましょう。
-----------------------
とりあえず、更新時間が夜中の3時に設定されているようですので、目の前でアップデートをしているのかどうか確認できる時間に設定してみて、そのとき、どうなるかをみてみてください。
-----------------------
父の返信。
-----------------------
winndowsの自動更新を23:00にして時間まで待ちましたが何も起こらず、終了時に11個のプログラムの更新を始めました。
翌朝UVの更新をしたが前と同じく不可のメッセージがでました。
1時間インターネットの許可を採るとUVのWEが開きましたがそれでもうまくいきませんでした。
1)メールアドレスで開くにPWを入れると違うというので忘れた場合の処理で知らせてもらったもの(先に入れたものと同じです)でもやはり開かず、シリアル番号から開くにすると同じPWで開きました。なぜでしょう?
2)登録の確認のところから進まないのでやめました。
3)UVの更新が封書で届いたのでこちらでしょうと思いますがいかが?
4)それにしてもインターネットに1時間の許可というのが問題の根源のように思います。これをやめるほうほうがなければ今回更新しても意味がないと考えますがどうですか。
これらを勘案して助言ください。

-----------------------
うーん?
まあ、23時に設定ということは23時に終わるということではなく、23時から始まるということですからそこで更新が始まったってことは、自動更新がされるようになったということでしょう。
まずはひとつ解決です。
長かった!
で、項目の1から4はウィルスバスターのユーザーではない私にはなんのことやらで、項目4は特になんのことやらです。
そういえば、今までメールの文面に何度か出てきていたのですが、ウィルスバスターの機能はよくわからないので無視してました。
確かに、やり取りの中で、こんなキャプチャをもらってました。
win3.jpg
実家には甥っ子が出入りしているので、子供がpcを触ることを考えて設定しているのかと思ったら違うようです。
しかし、ウィルスバスターをいれたからってこんなものが、デフォルト設定になるんでしょうか。
確かに自分が望んで設定したのでなければ、これは面倒臭いこと極まりありません。
おっしゃる通り、これをなんとかしましょう。
-----------------------
4)はお父さんが望んで設定したものではないのですね。
であれば、まず、これを解消しましょうか。
uvの有害サイト規制を解除します。
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2077416.aspx
上のサイトを 参考にしてください。

-----------------------
ウィルスバスターの契約更新の件はさっぱりわからないのですが、どうも更新時にログインするときに、メアドかシリアル番号かどちらかを選ぶみたいです。
そうこうしているうちに父の返信。
-----------------------
朝から見てくれてありがとう。
有害サイト規制は無効にしました。結果のチェックはまだです。
先の1)は同じPCでメールアドレスからの接続の際使ったPWを拒否されたので忘れたことにして送信を受けたら拒否されたのと同じものでやはり使えなかったので下にあったシリアル番号での接続に使ったらできたということです。
別件:お母さんが独り暮らしの安全を心配したメールを送ったそうですが、返信がないので更に心配しています。善処ください。

-----------------------
ふむふむ。やはり、シリアルで入れれば問題ないようですね。
後半は気にしないことにしましょう。
そのようにメールします。
(父とこんなメールをやり取りしているんだから、返信しなくても無事なのはわかると思うんですよ。(ーー;)
-----------------------
契約更新の時にメールアドレスで開くができなかったのは、登録した時にメールアドレスを登録しなかったからかもしれません。シリアル番号で開くのならそれでいいと思います。
-----------------------
父の返信。
-----------------------
Webで更新してアイコンはクラウド2012になりましたが、シリアル番号が届きません。
UVXの状態です。
更新はこれで済んだのでしょうか。
更新完了のメールも添付します。

UVX.jpg
-----------------------
なんかうまくいった風ですが、uvxってなんですか。
メール添付と言ってますが、キャプチャもついてきてました。
見てみましょう。
あー、なるほど、メールではシリアル番号が伏字になってるってことが言いたいのですね。
下記、○部分にシリアル番号が書いてあります。
-----------------------
シリアル番号は更新完了のメールの中に「○○○○-xxxx-xxxx-xxxx-○○○○」と書かれています。
セキュリティのため、最初と最後の4桁以外は伏字にしているとメールの中に書かれていました。
画面のキャプチャを見ると、最初と最後の4桁があっているので、更新は完了していると思って大丈夫です。

-----------------------
父の返信。
-----------------------
その後シリアルNOを確認したが番号に変更なく有効期限が伸びているので完了したと思う。いろいろありがとう。
-----------------------
長かった!!
やっと終わったー!!
いやもう、笑うしかない大変さでした。
思わずブログに書きたくなってしまいました。(^-^;
最近あまりパソコンを使わないで、iPadとかスマホばっかり使ってるので、こういうごたごたもなかったんですよね。
パソコンってこんな面倒なものなんだなって改めて認識。
メールでの遠隔サポートという不自由さを除いてもこれはなかなか大変でした。
でも、父もよくついてきたと思うのです。
パソコン使ってインターネットするなら必需品のアンチウイルスソフトですが、それを更新するのにこんな障害を乗り越えていかなきゃならないなんて、一般ユーザーには酷ですよね。
トレンドマイクロは、それをよくわかっていて、わけわかんなくなった人向けのサービスを用意していて、自社サイトのあちこちにそっちの申し込みボタンをしかけています。
解決方法を聞く相手がいない人はきっとそっちに申し込むことでしょう。
なーんか、アコギな商売のような気がしますが…、千差万別の環境からそれぞれの原因を腑分けしてサポートするのに、無料じゃできないコストがかかるというのもまあわかります。
改めてpcって不親切な機械だって思ったのでした。
自分も大変だったけど、おとーさんもご苦労様です。
よくギブアップせずにがんばったと思います!!


父と娘のサポセン的問答 その3

それからメールを待っていたところ、突然に新着メッセージが96通届きました。
開けて見たところ、本文は意味不明。
とはいえ、こういう現象、見たことないわけじゃないです。昔は添付ファイルの形式がメーラー側で認識できず、本文化してしまうことがよくありました。
しかも96通とは、懐かしのナローバンド通信向け機能の仕業です。
添付ファイルを細かく分割して複数のメールに分けて添付し、受け取り側で再構築するのです。
ナローバンドは普通の電話回線ですから、とろいのはもちろんのこと、大きなファイルを不用意に転送すると、長時間の通話料金がふりかかってきますし、それで電話回線を占有してしまい、何時間も電話かけられなくなります。受け取り側もそうなんで、outlookも、一定の大きさ以上のメールは受け取らないっていう設定がデフォルトでした。(当時は携帯電話も普及してなかったので、家族のいる場合は電話回線がふさがることが、シビアな問題だったのですよw)
確かその設定、outlook2002からなくなっていたと思っていたんですが、父はoutlook expressを使っていたためまだその機能がついていて、しかも分割が設定されていたようです。
ちなみに、この分割はそれらのoutlookがなければ統合できません。当時は送信側も受信側もoutlookっていうメジャーソフトだったからこそ、こういう機能がつかえたんですねえ。
私の方はいまやgmailオンリーでローカルのメーラーなんて、懐かしさを禁じ得ません。いやー、もう、ローカルのメーラーなんて使い方忘れました。
で、昔話で寄り道しましたが、この設定を解除させなければなりません。
-----------------------
本日13時すぎのタイムスタンプで、お父さんから意味不明の本文のメールが大量送信されて来ました。96通ありました。
たぶん、画像データが分割されて送られたと思います。
古いoutlookがないと読み取れないです。
下記のページを参考にoutlookの設定を確認して、設定してください。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/doc/mail_kagu/oe-check_partial.html
それから再送信すれば大丈夫だと思います。
-----------------------
父からの返信で送られてきた画像。
-----------------------
win2.jpg
-----------------------
ああ、よかった。
sp3にはなっているようです。
ではあと一歩です。
自動更新の設定を有効にしてもらいましょう。
-----------------------
windows xpはsp3というバージョンになっていたので、自動更新の設定をすれば、ルート証明書が更新されると思います。
http://support.microsoft.com/kb/306525/ja
上のサイトで、fix itで解決するというのがあってここの手順で自動更新を有効にしてください。
自動更新が有効になると、多分、windowsがごにょごにょ更新を始めるので、それが終わったら、uvのアップデートができるようになると思います。
-----------------------
一件落着。
だと思ったんですけどね。
こんな深みにはまるとは思いませんでした。
続きます。


父と娘のサポセン的問答 その2

父が送ってきた警告が出ているという画面は、IEが出したものです。
https通信をする際に、サーバー証明書がおかしいと出るものですが、相手はセキュリティの頂点に立つトレンドマイクロです。経緯から言ってフィッシングでもなさそうですので、このまま強行突破しても良かったのですが、ちょっと気になる検索結果がありました。
検索キーワードは、「ie xp このwebサイトのセキュリティには問題があります」です。
変な画面が出たときは、エラーメッセージそのものを検索キーワードにすると、いい感じの結果がヒットします。ポイントは、厳密にエラーの文章そのままを検索することです。GoogleもYahoo!も文章を分解して検索してくれるという素敵なおせっかいをしてくれますので、なんかいい感じにならないと思ったときは、文章をダブルクォーテーション「”」でくくるとよいです。これは、くくった部分を分解せずにその文章のまま検索をしてくださいというオプションです。
そうそう。父は警告画面の他にデスクトップのキャプチャも送ってきたので、OSがwindows XPであるということがわかっておりました。たかがキャプチャですが、基本情報を教えてくれない人を相手にするときは大変便利ですね。
で、気になったのはこちら。
サーバ証明書(SSL)に問題がないのに、「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。(信頼された証明機関から発行されたものではありません。)」という証明書のエラーメッセージが表示される場合の対処方法
うーん、これはまた同じことが何回も起こるような気がする。
ということでわかりやすそうなサイトを見繕ってメール返信。
でも、この、また聞かれると面倒なので解決しておこうと思ったのが運の尽きでした。
-----------------------
ウィルスバスターの警告でなくwindowsの警告ですね。
以下のサイトを参考にしてください。
http://faq-mw.ocn.ne.jp/app/answers/detail/a_id/387/~/internet-explorer-8をwindows-xpなどのvista以前のosバージョンでご利用の場合
-----------------------
父の返信。
-----------------------
updateで20分ぐらいWEBの検索らしいことをやっていてこの画面になりました。
XPが古すぎるのでしょうか
このPCではWEBが開かないのでインターネットは別のでやっていました。WINDOWSの自動更新をしていなかったのでしょうか。ときどき更新の画面は出ていましたが。
今回はクラウドの許可を採って1時間だけWEBが見られる風にしてやってみました。

-----------------------
後半の「このPCではWEBが開かない云々」以下はとりあえず無視するとして、この画面。
おっと、これは何ですかっ。
microsoftのWebサイトの問題のようですので、サポートページを見ました。
それでごにょごにょ見ているうちに、microsoft updateというのがなくなって、コンパネからwindows updateを起動する方式になったらしいということを理解。さらに、不案内な人に手動でアップデートをかけさせるのは心もとないので自動更新にしてやりたいのですが、SP3があてられていないとできないらしいということも。
OS組み込みのリンク先なのにリダイレクトもしかけないで404エラー出すなよ、という文句はさておき、かなり面倒なことになってきました。
-----------------------
長いことインターネットをしていなかったのであれば、更新されていないことが原因かもしれません。
windowsのバージョンを確認したいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
実行している Windows XP のバージョンを確認するには、以下の手順を実行します。
[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
[名前] ボックスに、winver.exe と入力して、[OK] をクリックします。 [Windows のバージョン情報]
ボックスに、バージョン番号が表示されます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
参考のために表示された画面をキャプチャして添付してください。
-----------------------
うわー、SP3じゃなかったらどうしよー、と悩みつつ、父の返信を待ちます。


父と娘のサポセン的問答 その1

ご無沙汰です。
こちらのブログに書くのは一年以上ぶりです。 

もう猫のことしか書かないと思っていたのに、あんまり笑えることがあったので、書いてみようと思い立ちました。 
タイトル通り、「父と娘のサポセン的問答」。 
退職した70代の父の問いに、一応IT企業に勤める娘が答える、遠隔サポート物語です。 
前置きだらだらしていても仕方がないので、そもそもの話の発端を。 
----------------------- 
PCにウイルスバスターの期限が迫っているとの広告が表示され、更新はここをクリックとあるのですが、処理を続けるとウイルスバスターがこれは危険なものだからこれ以上続けないように推奨する旨の表示をします。
更新は新しいDISKを買って入れればよいのでしょうか。強引に更新処理を続けた方がよいのでしょうか。よろしく。 
 ----------------------- 
こんなメールが送られてきました。
私はなんの省略もしていなくて、メールは正真正銘これだけでした。
ちょっと待って。 
これではツッコミどころがありすぎて答えがでないです。 
しかも私はウィルスバスターのユーザーじゃないですから、何がどうやってこうなるのか、全然わかりません。 無茶を言わんで下さい。
 ----------------------- 
広告が表示された時と警告が出た時の画面をキャプチャーして送っていただけますか。
パソコン画面のキャプチャーのしかたは↓を参照してください。 
----------------------- 
まずは警告内容を見てみないとですから、こんなメールを返しました。 
その返信。 
----------------------- 
ウイルスバスター2011クラウドのアイコンから更新に進んだが同じく危険のメッセージが出ました。PrintScreen(このPCには専用のキーがなくF11に青書きされています)をそのままとShiftを押してからと押しましたがペイントに張り付きません。何処が悪いのですか。 
----------------------- 
おおっと、それはうかつでした。 
しかもここでさりげなく、ウィルスバスターの製品名とバージョンがわかりました。後で聞こうと思っていたから助かりました。
こういう情報は、質問するときに言って欲しいんですがねw 
----------------------- 
おはようございます。
青書きされているならFnキーを押しながら押すと思います。
fnキーはシフトの近くにあると思います。 
 ----------------------- 
 そして送られてきた画像。

うーむ。
これはウィルスバスターの警告画面じゃないじゃないか。 
何がどうなってウィルスバスターのせいになってたんだか… 
まあ、仕組みがわからないものは、得てして、ごっちゃに理解してしまうものですから、しかたありません。 
話は次回に続き、妙な方向に急展開します。

つぶやく

最近の私。

早朝スポーツクラブをやめた。
なんでって、低糖質ダイエットが予想外にうまくいき、行く目的を失ったから。

低糖質ダイエットは3食自分で用意するから外に食べに行かなくなった。
ブログに書くことがなくなって、私のブログのネタって食べ歩きであったのだなと思いいたる。

しかもiPhoneで大概の事が出来ると、家でまでパソコンに向かう気がせず。
つぶくほうが楽でもあるのでブログ更新が止まる、と。

というわけで、つぶやきブログパーツを入れてみたんで、更新が止まってたらその辺で、わだぶんは生きているのだなあと思ってやって。

Twitter Button from twitbuttons.com


ネットスーパー使ってみた

マンションの裏にスーパーがあるのにネットスーパーかよ、という突っ込みはともかく。
そういう立地のマンションにチラシを入れてきたジャスコに敬意を表してトライ。

うちの地域だと、ジャスコとヨーカドーとサミットが使えるのだけど、サミットは会員登録後毎月会費が取られるとのことなので、それはなし。(買わない客からも会費取るって…)
ジャスコとヨーカドーで必要なものを入力し、どっちが安くつくか、で発注をかける。

と思ったのだけど、なんか、どちらも品ぞろえが中途半端。
若干ジャスコが安めだったので頼んでみたけれど、うーん、なんか不満の残る買いものだ。
しかも今はキャンペーン中なので、3000円以上で送料無料だけど、キャンペーンが終了したら6000円買わないと送料無料にならんのだそうだ。(これはジャスコもヨーカドーも)

重くて持ち帰りに困る飲料や猫砂なんかはネットスーパーじゃない方が全然安いしなー。
家族少ないんだから生鮮食料品をそうそうお買い上げにはならないしなー。
生鮮食料品だけなら生協やラディッシュボーヤでいいじゃん。

なんだ、別にネットスーパーじゃなくて良いんだ。というのが結論になってしまった。
いまだ、サービスとしては未熟なんだな。


さよならニフティ

15年ほど持っていたニフティアカウントを先月いっぱいで破棄。
マンションでぷららに強制加入のため、ニフティ自体はメールアドレス保持としての役割しかなかったんで。

フォーラム、懐かしいなあ。
それこそ「PC初心者」の時はお世話になった。いつも答えが返ってくる場所だった。
でも自分もそうだけど、インターネットの環境が整うと、どんどん人がいなくなって。

テキストだけでやりとりするのは多分、今のネット文化でもあまり変わらないスタイルだから、リッチなメディアが使えないからっていうより、2チャンネル、ブログ、ツイッター。やっぱりこちらのほうが人も集まるし、楽しいよね、ってことなんだと思う。


twitter

ここのところブログさぼり気味で、twitterやってた。
iphone片手にテレビ見ながらやるのがなかなかおもしろかったんだけど。
あとはネコの写真を撮ってはつぶやく…と。

ホームページとブログとSNS、twitter、やってみて、それぞれ、メディアと読み手と自分の距離が違うなあと思う。
社会学的におもしろそうなので、まじめに考察してみる。

ホームページは確かに公式な感じ。匿名でやっていても、自分の社会的な人格を反映する。履歴書っぽいのかな。
ブログは日記。とはいえ不特定多数に見せる日記。なので、読み手がどんな人でも理解できるように書く。内容も自分の行動や人格をすべて表現するのでなく、人に見せていいところに限定。「私」に対するステークホルダーもいろいろなんで、特に心情を表す時は気を使う。
SNSも日記になるけど、こちらは読み手が友達前提。学生だとプライベートを共有している友達も多いので、いきなり本題にはいってもきっとわかる。彼らは自分たちの世界を作り上げ本音を語り合うのだろう。大人が書くと、友達グループが多岐にわたるから、実はブログと似た展開になるんじゃなかろうか。少なくとも私はそう。

で。twitter。
実は、このメディアとの距離の取り方が難しかったりする。
書き手は匿名可で読み手は不特定多数だけど、タイムラインはアカウントに紐づいている。だから2chみたいな、過激な投稿がないんじゃないかと思う。
でまあ、不特定多数だけを相手にしてれば、個人情報以外何書いていてもいいと思うんだけど、特定のアカウントのタイムラインを見ていると、個人の嗜好や思想や生活が赤裸々にわかっちゃったりするわけで。GPS機能を使っていた日にはどこにいたかもばればれだから。
なんか、書き過ぎるとプライベート全公開みたいになるということがわかって、テーマを絞った方がいいんじゃないかと思ってしまう。

つぶやき続けている他の人たちはどんな距離感でこのメディアを使おうとしているのだろうか。
久々に人間科学の血が騒ぐ。


iPhone来る

先週申し込んだiPhoneが届く。
データ移すのに手間取り、結局半日以上格闘して、メルアド変更の通知も出し。やっと一段落。目がちかちかする。疲れた~。

もう10年以上使っていたauからsoftbankへのMNPってこともさることながら、iPhoneはやっぱりiPhoneなので、慣れるまでは「???」頭の中?いっぱいで、何をやるにしてもやたらとWeb検索しないと見つからなくて。
しかもやっている間になぜかパソコン側に「特定のアプリケーションの特定の機能のときだけIMEが効かない」という妙な現象にはまるし。

ま、何とかうまくいったようなので、これからアプリとかいろいろ試してみるつもり。


架空請求メール来る

実は初めて来たんで。
何が書かれていても無視すりゃいいと世の中で言われていることは重々承知していても、やっぱり来たらびっくり。いわゆる「架空請求メール」だよねと心中言い聞かせて、「本当に無視していいんだよね?」と何度も自問して…。

いやー。
後ろめたいことがあればひっかかっちゃうかもね。

で。
このメールの送り主が「ベストサポート」なる会社だったので、ヤフってみた。
したら、第2キーワード候補が「架空請求」「03-3971-8402」で笑っちゃった。そーだよ、その電話番号、私のとこにきたのにも書いてあった。みんなのところに来てるわけねー。

ということで、まずは安心。
みなさまもご用心あれ。