お久しぶり、Bryce

お部屋の整理の続きで、パソコンのソフトを整理していたら、Bryceが出てきた。
Bryceってのは、3DCGで風景を生成するソフトで、これはMacとWindowsのハイブリッドだったので、この前、Mac用の画像ソフトを処分したときに捨てなかったのだった。
久しぶりに見ると使いたくなって、インストールするだけ、と思いながら、結局半日遊んでしまった。
触りだすと止まらないんだな、これが。

soma.jpg

デフォルトばかりの創意も工夫もない画像なんだけど、いじれるパラメーターがいっぱいあるんでね。

しかし。
今のパソコンって、適当に買った低価格品なんだけど、全然問題なくレンダリングできるから笑っちゃう。Macの上位機種とか買ったらきっと、信じられないくらい速く描画してくれちゃうんだろうな。
うう。ちっちゃいパソコン欲しいとか思ったけど、グラフィックマシンも欲しいよー。


引っ越ししてきました

エキサイトの方にも書いたけど、ブログをいろいろいじっていたら、エキサイトでは制約が多い、ということがわかって、こちらに移動してきた。 

こちらはもともと、就職活動用にドメインとって履歴書とか置いていたんだけど、それ終わったらあんまり使ってなくて、そろそろ解約しようかと思ってた。とはいえ、ドメインって次にそれがとれるとは限らないので、手放すかどうか迷ってたんだよね。自分的には、またホームページ持つならきっとこのドメインだろうとも思えたし。 

で、よくよくレンタルサーバのスペックを見てたらブログ構築のできるフリーウェアのインストールができるらしいことがわかって、チャレンジすることに。
新しい会社ってインターネットの会社だから、家に帰ると、さらにまたその勉強ってのも食傷気味でできなくて。

ま、これを機会にまた、いろいろ実験とかしてみよかな。


今週の○○?

GPSつき携帯を社員に持たせるとか、初めのうちは総スカンを食ってた感じだったけど、結局、普通になってしまった感が。

で。これが究極になるとどうなるかって。
【NBオンライン】加速度センサーで“やる気”を測定
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20081021/174615/

センサー付き名札を身につけて、モニターされているのだけど、机に座っている姿勢からもやる気があるかどうかがわかるそうだから、「今日はやる気しないよー」とか言ってると、ばっちり記録されちゃうんだろう。
某社中央研究所、いつもながらオソロシイ研究をしている…。


基本情報処理、受かりました

本日、正午に情報処理試験の合格発表。
合格してれば履歴書に書ける資格が増えるし、いそいそとIPAのホームページに行ったけど、12時からサーバがダウン気味。リロードを連打して、15分ぐらいしてやっと見られた。(そんな人が大勢居るから、きっとサーバさんも大変だろう)
結果は、合格。自己採点でだいたいわかっていたけど、点数は思ったよりよくて正答率91%だった。

科目は基本情報技術者なんで、学生か入社して2,3年目ぐらいの人が取る資格だろうって感じだけど、本人、文系なので基礎がなくて、どこから手をつけていいかわからず…。それで、金で解決すべ、と思い立ち、午前免除が適用されるスクールに通ったんだけど、これはこれで、47回×3時間=141時間とものすごい回数通わなくちゃいけなくて、泣きそうだった。
しかも、1月に午前免除に受かってからは、午後の対策は4月に会社辞めたあとにゆっくりしよう、とか思ってだいぶサボり、4月になってテキストを開いて、あまりの難しさに唖然。

でも、午前免除も大変だったし、こんな勉強二度としたくない、と思ってフル馬力発動(たぶん大学入学以来ほとんど発動したことない)。そのかいあって、一応、合格。いや、よかったよかった。

さて、秋の試験はどうするかな。
本当は情報セキュリティアドミニストレータをとりたくてはじめた勉強なんだけど、来年春になくなっちゃうんだよね。秋はソフトウェア開発技術者にしておいて、春に新しく出来る区分で受けるほうがよいかな。基本情報でこれだけ苦戦するんだから、SEだったらもっと大変なことになるような気もするし、悩みどころ。


さて、私の場合はどうなるんだろう?

ありそうでないな、と思っていたら、とうとう、こんなサービスが登場。
社内力学、メールのやり取りで分析…日本IBMが開発 (読売新聞) – goo ニュース

昔、学生のレポートで学生間の人間関係図を作る、という実験が大学であった。学生間でレポートの見せ合いをするから、仲の良い人たちのレポート内容は似る。まじめなヤツは自分で書くから、多少ぶれは出るが、うちの学部みたいにまじめな人間の比率が低いところは、似ている率を数値化していくと、なかなかの結果が出たものだ。

で、今、私のメールを分析したらどうなるか?
知りたいようで、知るのが怖い。


フィッシング

フィッシング、最近よく聞く単語だけど、偽餌に騙されて釣り上げられる感じなんで、fishing、だと思っていた。
でも本当は、phishing、なんだそう。
かなり信じてたので、ちとショック。

phishing=sophisticated(洗練された)+ fishing
ではあるらしいけど、それはそれで、足したらなんでphishingになるのかが不明だ。


大人げない

今日、仕事中で眉間に皺を寄せて考えごとをしている時に、某金融会社から電話があった。

先週、住宅ローンのことでフリーダイヤルに問合せをしたら、今更ながら、あちらに登録されている私の自宅の電話番号が古いままだということが判明。それで新しい電話番号を伝えたのだが、彼らの顧客管理システムはIP電話の番号を受付ないそうで、今時「NTTの固定電話はないのか」と時代錯誤な問合せをしてきたのだった。

「ありません。携帯でいいでしょう?」と言ったら、さすが金融会社のシステム、がちがちに入力チェックをかけていて、自宅電話番号には090で始まる電話番号も入れられないらしい。
で、そこであきらめてくれればいいのだが、自宅電話番号は入力必須のようで、何とかそこに何かを入れようとして、今度は、実家の番号を言えと言う。
いくら何でもそこまで来ると、連絡先として意味があるとは思えない。
大体、システムに合わせなければならないがために客の個人情報が正しく登録できないなんて間違っている。個人情報保護法にだって立派にひっかかる行為といえる。

そんなことを思って軽くプチぎれた私は、実家の番号を言わすにごねてみた。
それで彼らがどんな対応をして来るか興味もあったのだが、そうしたら、3分もしゃべらないうちに「じゃ、いいです!」と切られてしまった。何がいいんだと問う間もなく、ガチャン。

つまり結果は、逆ぎれだった。
まさか、フリーダイヤルで向こうに切れられるとは思わなかった。
あの金融会社、こんなで大丈夫なんだろうか。他人ごとながら心配になってしまった。
そして私の個人情報はどうなったんだろうか。個人情報開示請求でもしてやろうかな。


うちじゃなかった

個人情報保護法が施行されて初めて、法律にひっかかった会社が出た。銀行だったので、預金額とか(多分借金額も)もれたらしく、当事者としては大変なことだ。
けど、一番がうちでなかったってことで少し安心したりして。

で、なぜかそのニュースの後にうちの会社が映った。まさか続きと焦ったが、同じビルに入っている別の会社が談合で告発されたってことだった。


寿司型UBSメモリ


Click Here!

世の中にはおバカな商品があって、思わず買っちゃうしかないでしょう、と思うことがあるが、これもそのひとつ。写真の一人前セットを買うと、寿司桶もついてくるハイテンションな馬鹿さ加減に脱帽するしかない。

ちなみに寿司以外にも、エビフライやシューマイ、たこ焼きなどいろいろある。


引越し

二年半前、業績悪化で工場に間借りしなければならなくなった我々も、とうとう、来週の金曜に荷物をまとめ東京に復帰することになった。
しかも愛宕とか言う東京の田舎なんかではなく、丸の内。ずいぶんと出世したものだ。

というわけで、接続テストという名目で、昨日、移転先のビルに行った。名目とは言え心配なことがあるからテストに行っているのだが、やっぱり全ての接続ができるわけではなかった。
特に問題だったのが、同じ会社でありながら種別の違うネットワークがいくつかあるのだが、その間の通信ができなかったこと。
しかももっとも使用頻度の高いところに問題が出てしまった。

そこはネットワーク屋さんに任せるしかないので、じゃ、引越しまでによろしくということになる。が、他にも問題は山積みになっていて彼らもすごく大変そう。果たして期限までに問題は解決するのか?

かなり心配。
すごく心配。
でも私が心配してもどうにもならないし。
しょうがないので、祈る。そして応援してあげよう。