父と娘のサポセン的問答 その2

父が送ってきた警告が出ているという画面は、IEが出したものです。
https通信をする際に、サーバー証明書がおかしいと出るものですが、相手はセキュリティの頂点に立つトレンドマイクロです。経緯から言ってフィッシングでもなさそうですので、このまま強行突破しても良かったのですが、ちょっと気になる検索結果がありました。
検索キーワードは、「ie xp このwebサイトのセキュリティには問題があります」です。
変な画面が出たときは、エラーメッセージそのものを検索キーワードにすると、いい感じの結果がヒットします。ポイントは、厳密にエラーの文章そのままを検索することです。GoogleもYahoo!も文章を分解して検索してくれるという素敵なおせっかいをしてくれますので、なんかいい感じにならないと思ったときは、文章をダブルクォーテーション「”」でくくるとよいです。これは、くくった部分を分解せずにその文章のまま検索をしてくださいというオプションです。
そうそう。父は警告画面の他にデスクトップのキャプチャも送ってきたので、OSがwindows XPであるということがわかっておりました。たかがキャプチャですが、基本情報を教えてくれない人を相手にするときは大変便利ですね。
で、気になったのはこちら。
サーバ証明書(SSL)に問題がないのに、「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。(信頼された証明機関から発行されたものではありません。)」という証明書のエラーメッセージが表示される場合の対処方法
うーん、これはまた同じことが何回も起こるような気がする。
ということでわかりやすそうなサイトを見繕ってメール返信。
でも、この、また聞かれると面倒なので解決しておこうと思ったのが運の尽きでした。
-----------------------
ウィルスバスターの警告でなくwindowsの警告ですね。
以下のサイトを参考にしてください。
http://faq-mw.ocn.ne.jp/app/answers/detail/a_id/387/~/internet-explorer-8をwindows-xpなどのvista以前のosバージョンでご利用の場合
-----------------------
父の返信。
-----------------------
updateで20分ぐらいWEBの検索らしいことをやっていてこの画面になりました。
XPが古すぎるのでしょうか
このPCではWEBが開かないのでインターネットは別のでやっていました。WINDOWSの自動更新をしていなかったのでしょうか。ときどき更新の画面は出ていましたが。
今回はクラウドの許可を採って1時間だけWEBが見られる風にしてやってみました。

-----------------------
後半の「このPCではWEBが開かない云々」以下はとりあえず無視するとして、この画面。
おっと、これは何ですかっ。
microsoftのWebサイトの問題のようですので、サポートページを見ました。
それでごにょごにょ見ているうちに、microsoft updateというのがなくなって、コンパネからwindows updateを起動する方式になったらしいということを理解。さらに、不案内な人に手動でアップデートをかけさせるのは心もとないので自動更新にしてやりたいのですが、SP3があてられていないとできないらしいということも。
OS組み込みのリンク先なのにリダイレクトもしかけないで404エラー出すなよ、という文句はさておき、かなり面倒なことになってきました。
-----------------------
長いことインターネットをしていなかったのであれば、更新されていないことが原因かもしれません。
windowsのバージョンを確認したいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
実行している Windows XP のバージョンを確認するには、以下の手順を実行します。
[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
[名前] ボックスに、winver.exe と入力して、[OK] をクリックします。 [Windows のバージョン情報]
ボックスに、バージョン番号が表示されます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
参考のために表示された画面をキャプチャして添付してください。
-----------------------
うわー、SP3じゃなかったらどうしよー、と悩みつつ、父の返信を待ちます。